自転車に乗って、近所に電車を見に行きます。家を出ると線路の方向をすぐに指差すので、方向は覚えたみたい。飽きることなく、しばらく電車を見続けます。