スポンサードリンク

NTTドコモ、厚さ5.3mmの京セラ製「カードケータイ KY-01L」2018年11月発売へ

スポンサードリンク

NTTドコモ、厚さ5.3mmの京セラ製「カードケータイ KY-01L」2018年11月発売へ

うわっ! ものすごく既視感がある!

ということで、NTTドコモが厚さ5.3mmのカードサイズの携帯電話、京セラ製「カードケータイ KY-01L」を2018年11月に発売することを発表しました。実質1万円の名刺サイズ「カードケータイ」をドコモが発表、画面は電子ペーパーを採用という記事になっています。

「カードケータイは」、薄さ5.3mm・重さ47gという、携帯電話としては異次元のコンパクトさが特徴。実機に触ってみると、厚みはそこそこあるものの、縦横の大きさは名刺とほぼ同じで、ポケットやカードケース、手帳などにもすっと収まります。

スポンサードリンク

タッチ入力できる2.8インチのE-Inkディスプレイを搭載し、バッテリーの持ちは連続通話時間が2時間となっています(バッテリー容量は380mAh)。割引の適用されない本体価格は31,752円とのこと。

「京セラのカードケータイ」にインターネット老人会が涙する理由 「DataScopeの再来?」「ChipCard思い出す」という記事にもなるくらい、懐かしい形状の端末でもあります。ChipCard‥‥泣ける‥‥!

最近でいうと、通話・SMS・テザリング対応のSIMフリー極薄ガラケーに4Gモデル「NichePhone-S 4G」が方向性としては近いでしょうか。

スポンサードリンク

前へ

【ANA】年末年始の搭乗分「ANA SUPER VALUE75」スペシャルセール(10/23まで)

次へ

ネタリスト(2018/10/18 15:00)丸亀製麺のピンチを救った、超高額「肉盛りうどん」の奇跡