スポンサードリンク

「+メッセージ」ドコモ/au/ソフトバンク、LINE対抗のメッセージサービスを開始へ

スポンサードリンク

+メッセージ

ドコモ/au/ソフトバンクの携帯電話大手3社が、LINE対抗のメッセージサービスとして「+(プラス)メッセージ」を2018年5月9日より開始することを発表しました。

+メッセージ」はGoogleが推進しているSMSを進化させたRCS(Rich Communication Services:リッチコミュニケーションサービス)という規格のサービスで、長文のメッセージや写真、動画のやり取りも可能です。

スポンサードリンク

携帯大手3社、SMSを進化させた「+メッセージ」5月9日開始によると「まずはAndroid 4.4以上のスマートフォンとタブレットで、専用アプリを使って利用できる」とのことで、iOSアプリは今後の対応となっています。

携帯電話大手3社の導入ということで、MVNOがどうなるかというと「希望に応じて提供を検討する」とのことです。

MVNOがコストをかけて「+(プラス)メッセージ」を提供するよりは、既存のサービスにメッセージングサービスは任せた方が良いと判断するような気がしますが。

+メッセージ

課金の仕組みも変更。従来は1通ごとに料金が発生する従量課金方式だったが、新アプリの利用料はパケット通信料に含まれる」ということで、送信して1通いくらということを意識することもなくなります。

音声メッセージや地図情報の送受信にも対応。既読を表示する機能、QRコードの表示・読み取りによって連絡先を交換する機能、迷惑メールの送信元などをブロック・通報できる機能――など備える

(+メッセージは)現在のSMSと同様に、IDやパスワードを登録することなく、電話番号だけで簡単にやりとりできます」というのがメリットのようです。

既にLINEやFacebookメッセンジャーを使っている人たちが乗り換えるほどのインパクトはあるのでしょうか。

LINE疲れしている人にはウケたりして?

スポンサードリンク

前へ

【Ingress】アニメ版「イングレス」キャラクタービジュアルが公開

次へ

【Amazonチャージ】現金チャージすると最大2.5%ポイントが貯まるキャンペーン