2015 11 13 1101

NTTドコモが、実質0円のような販売方法を見直し、長期の契約者を優遇するような料金体系にすることを検討しているそうです。NTTドコモ 料金体系見直して値下げへという記事になっていました。

携帯電話の料金を引き下げる方策について議論している総務省の有識者会議では、携帯電話会社が新しいスマートフォンの販売価格を実質0円として販売する方法は、その分の費用をすべての利用者の通信料金から回収する仕組みとなっているため不公平だと指摘されています。

新規ユーザーばかりが優遇されて、長期契約している本当の意味でのユーザーがないがしろにされてしまっていたのは、良いことではありませんでした。

加藤社長は「不公平感だとか、分かりにくさがあり、われわれの努力が足りないのであれば、改善の努力をしていく」と語り、これまでの実質0円販売を見直すことを示唆したということです。

とはいえ、大手キャリアはサポートの費用もかかるでしょうから、月額料金は決して高いとは思わないんですよね。最近はMVNO(格安SIM)もありますから、料金に不満がある人はそちらを選べばいい訳ですから。

航空会社と同じで、手厚いサポートを必要とするなら大手キャリアで、自分であれこれできる人はLCCのようなMVNO(格安SIM)で、とすみわけすればいいのでは、と思いますが。

まあ、どこまでやれるのかは分からないですが。