2014 01 14 1559

2013年12月の携帯電話契約数の純増数は、NTTドコモが2011年12月以来の純増数シェア1位に返り咲いたそうです。12月の契約数、ドコモが純増トップにという記事になっていました。

電気通信事業者協会(TCA)と携帯電話事業者各社は、2013年12月の携帯電話・PHS契約数を発表した。NTTドコモが2011年12月以来の純増シェア1位となった。

携帯電話各社の純増数は次のようになっています。

・NTTドコモ 279,100件
・au 222,600件
・ソフトバンク 224,300件

iPhoneの在庫が整い、NTTドコモが復活したといった感じでしょうか。

MNPに関しては次のようになっています。

・NTTドコモ -51,000件
・au 43,300件
・ソフトバンク 9,400件

NTTドコモは相変わらずMNPではマイナスな訳ですが、これまでと比較すると、その数を抑えつつあります。

もう少ししたら、各社の最新の電波状況をレポートした記事などが出てくるでしょうか。

イーアクセスと合併することが決まっているPHSのウィルコムは、5,310,300件の契約数となっています。