2013 08 01 1006

NECが、携帯電話事業の見直しをし、2013年7月31日付けでNECカシオモバイルコミュニケーションズでのスマートフォンの新規開発を中止することを発表しています。携帯電話端末事業の見直しについてとして発表されています。

スマートフォンの急速な普及など携帯電話端末の市場が大きく変化する中、競争力の維持・強化にはスケールメリットが重要となっています。しかしながら、当社の携帯電話端末事業は出荷台数が減少傾向にあり、今後の業績改善を見通すことが難しくなっています。こうした状況を踏まえ、当社は、携帯電話端末事業の方向性について総合的に検討した結果、このたびの決定にいたりました。

スマートフォンに関しては販売台数が減少しているため、スケールメリットを生み出すことができなくなっている、というのが、スマートフォン撤退の理由だそうです。

世はスマートフォンに移行する人が増えているのに‥‥という感じではありますが、ドコモのツートップ戦略が決定打となった感じでしょうか。ただ、日本のスマートフォンは独特なものも少なくなかったですしね。

現在販売中の機種をもって生産および販売を中止し、引き続き保守を行なっていくとしています。

スマートフォン以外の従来型の機種に関しては「携帯電話会社の要請があれば生産を維持する方向で調整」しているそうです。

■関連記事

今後は「従来型」に専念...NECスマホ撤退 : ニュース : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

6月中の合弁会社設立を目指したが、NTTドコモが他社端末への販売優遇策を始めたため、6月中旬に発売されたNEC製のスマホの販売台数は1万台余りにとどまった。NECはレノボへの交渉力を失い、合弁構想は立ち消えになった。