A0001 016696

[データ] 「パケ詰まり・メール遅延」スマホユーザーの7割が経験、ドコモでやや多めという記事がありました。個人的に「パケ詰まり」のようなものを感じるのは、都内に行った時ですね。

携帯電話回線でのインターネット通信速度の急低下、いわゆる「パケ詰まり」やメール遅延はスマートフォン利用者全体の7割が経験しており、NTTドコモの回線で最もこの割合が高い。

浦和であるとか、自分の普段の生活の中では「パケ詰まり」のような減少はほとんどありません。

仕事で都内に行った際に、大きな駅はそうですし、電車の中とか、人が集中するような場所は「パケ詰まり」‥‥というか、回線速度の低下は感じます。

「メール遅延」に関しては、ほとんどキャリアメールは使っていないので分かりません。

パケ詰まりやメール遅延が「頻繁に起きる」「たまに起きる」「一度だけ経験した」「思い返せばある」という割合の合計は72.3%

キャリア別にすると、次のようになるそうです。

・NTTドコモ 74.3%
・au 73.2%
・ソフトバンク 69%

いずれも僅差という気がしますが、NTTドコモの回線が最もよろしくなさそうというのは意外ですね。

高速回線ではキャリアごとの差が顕著になり、全体で「つながりやすい」という答えは34%であるのに対し、ドコモは29.8%、auは33%、ソフトバンクは45.8%となった。高速回線でのダウンロード速度について「速い」と感じる割合は全体で36.9%、キャリア別では、ドコモが29.9%、auが37.1%、ソフトバンクが47.8%とこちらも差が開いている。

特に、高速回線ではソフトバンクが強いです。LTEのエリアが最も広いという話もありますし、それぞれの回線品質というのは変わってきているのですね。

【スマホ速度調査】7割のエリアでソフトバンクが最速に

iPhoneアプリから得られた実測データに基づいて作成されたLTEエリアでソフトバンクがauに圧勝!?