2013 02 25 1351

LTEのない生活なんてもう考えられない。となってからしばらく経ちますが、ICT総研による、LTE速度の全国調査の結果が発表されていたのでご紹介です。

平均速度は、ソフトバンクが下りで17.27Mbps、auが上りで9.15Mbpsで最速となっていましたよ!

ICT総研調べ:LTEモバイルルーターの全国速度調査、下りはソフトバンク、上りはauに軍配 - ITmedia Mobileという記事になっておりました。

代表的な政令指定都市である全国21都市を対象に、1月22日~2月12日の期間中、繁忙時間帯(7~9、12~13、17~20時)を除いて調査を実施。端末に接続したPCでWebサイト「RBB TODAY」のスピードテストサービスを利用し、各都市ごとに合計8地点、また1地点ごとに3回速度を計測し、平均速度を導きだした。

全国168地点で、各キャリアのモバイルルータを使い、調査は行なわれています。

下りの平均速度は、

・ソフトバンク 17.27Mbps
・au 16.63Mbps
・ドコモ 9.25Mbps
・イーモバイル 9.89Mbps
・UQ WiMAX 8.25Mbps

となり、ソフトバンクが最速です。ソフトバンクは、LTEに関してはかなり頑張っている印象です。

上り平均速度は、

・ソフトバンク 5.33Mbps
・au 9.15Mbps
・ドコモ 1.93Mbps
・イーモバイル 7.10Mbps
・UQ WiMAX 3.34Mbps

となっています。こうしてみると、バランスが良いのはauということになるでしょうか。

ドコモ、ヤバいですね。

ドコモは全体的に苦戦し、特に上りでは5社中最低の平均速度となったが、下り最大100Mbpsのサービスを開始した札幌・仙台エリアでは優れた結果となっており、札幌では下り最速の15.74Mbps、仙台では下り17.39Mbpsを記録している。

エリアの広がりに期待といったところですが。

速度調査に関しては以下のような記事も書いていますので参考にして下さい。

【iPhone 5】LTE平均速度の全国調査でソフトバンクがau・ドコモを上回る

【新幹線全駅LTE調査】ソフトバンクが速度&エリアで首位

【iPhone 5】関東全域349カ所でLTE速度調査 → ソフトバンクが優勢

9カ国のLTEネットワーク通信速度比較、日本は最下位に