A0001 013315

2012年12月の携帯電話の純増数、MNP数などが発表されていました。12月の携帯・PHS契約数、年間純増数は過去最低にという記事になっていました。

このうち、携帯電話の純増数は366万2700件、PHSが63万2000件の純増となっている。携帯電話の年間純増数は、1996年の集計以来、もっとも低い数値となっている。2011年の年間純増数は840万3700件だった。

携帯電話の純増数が過去最低とのことですが、確かに2011年と比べてもかなり少ないですね。

純増数は次のようになっています。

・ドコモ 235,100件
・KDDI 239,200件
・ソフトバンク 274,700件

MNP数は次のようになっています。

・ドコモ -132,100件
・KDDI 102,400件
・ソフトバンク 30,900件

全体から見れば小さい数字かもしれませんが、これが数年間続けば影響は小さくないでしょうし、イメージも良くないですね。

2012年12月までの各社の総契約数は次のようになっています。

・ドコモ 6098万8100件
・KDDI 3681万7200件
・ソフトバンク 3132万2000件

ネタフルでは次のような記事も書いています。

2012年10月のMNP:KDDI +152,700 SB +37,900 ドコモ -189,800

2012年9月のMNP:KDDI +95,300 SB +1,200 ドコモ -95,200