Godan 2012 09 10 140631

Googleが、Android版Google日本語入力に、ケータイ配列、QWERTY 配列に続く新しいキー配列「Godanキーボード」を導入しました。

Google Japan Blog: Android 版 Google 日本語入力から新しい入力方法のご提案という記事になっていました。

Godan キーボードは快適にローマ字入力することを目的にデザインされており、右手で子音 (K, S, T, N, ...)、左手で母音 (A, I, U, E, O) を入力すると特に快適にご利用いただけます。

基本は左右両手で入力するのが前提で、右手で子音、左手で母印を入力するスタイルです。

ぼくは両手でフリック入力しますが、確かに母印と子音を使い分けるというのはあるかもしれませんね。

ケータイ配列と QWERTY 配列で満足している方は、もちろんそのままお使いいただければ良いのですが、「フリック操作に馴染めない」「QWERTY のキーが小さくて打ちづらい」「長文を書くときにはつい PC のところへ行ってしまう」、といった違和感や使いづらさを感じている方もいると思います。それらを Godan キーボードが改善し、皆さんの日本語入力生活が快適なものになればとても嬉しく思います。

ローマ字入力が、よりシンプルになった感じですよね。これなら、キーボードの配列もほとんど覚える必要がないですね。

2012 10 05 1125

濁音/半濁音の入力はフリック入力ということなので、ここはちょっと慣れが必要でしょうかね。

フリック入力とケータイ配列を組み合わせた感じ‥‥でしょうか。

しかし、まさか新しい日本語入力の方法が登場するとは思いませんでしたねぇ。「Godan」という名前もいいですね!