2012 05 11 1520

NTTコムが、社員が個人所有する携帯電話を活用し、コスト削減する制度を導入しておりますよ。NTTコム、社員の私物携帯を活用、通信費1億円超削減へという記事です。

NTTコミュニケーションズはこのほど、社員が個人所有している携帯電話を業務に活用する制度を導入した。業務上の通話料金を会社が負担するもので、約3600台の携帯電話とスマートフォンを対象とする。

個人所有の携帯電話やスマートフォンを業務に活用することで、端末代金はもちろん、毎月の基本料金も削減することができますね。

「年間4億7000万円かかっていた費用を3億4000万円に削減できる見込み」だそうです。

では、どのような制度か?

従来型携帯電話の利用者は同社の分計サービス「0035ビジネスモード」を使う。発信相手の電話番号に「0035+43」などを付加することで通話料を会社請求にできる。一方、スマートフォンの利用者は同社のIP電話サービス「050plus for Biz」を使う。050plusはスマートフォンから050番号で発着信できるアプリ。

なるほど、通話料金を会社に請求できるような仕組みがあるのですね。「050plus」は、既に使っている人もいるかも?

「基本料と通話料の両方で大きな削減効果を見込めることから、既に多くの引き合いがある」ということです。

休日にかかってきた着信はどうするのでしょうね。出なくても良いのかな‥‥?

050 plus App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料