2012 04 03 1628

ソフトバンクが2012年秋より、次世代高速通信サービス「FDD-LTE」を開始すると発表しています。

ソフトバンクモバイル株式会社は、次世代高速データ通信サービスを2012年秋以降に提供開始します。次世代高速データ通信サービス対応のスマートフォン向けには、月額5,985円※1のパケット定額サービスを提供する予定です。

次世代高速通信サービスとしては「AXGP(Advanced eXtended Global Platform)」に加え、新たに「FDD-LTE(Frequency Division Duplex Long Term Evolution)」を展開するとしています。

ソフトバンクモバイルが今秋に2GHz帯でFDD-LTEスタート - ニュース:ITproによると「FDD-LTE」はドコモの「Xi」や、イーアクセスの「EMOBILE LTE」と同じ通信方式とのことです。

「FDD-LTE」は、欧米を中心に普及が進んでいるLTEサービスだそうで、3Gサービスで使っている2GHz帯を使用します。

新サービスではスマートフォン向けにパケット定額サービスを提供する。月額料金は5985円を予定している。

新サービスに対応した端末は今後、提供予定となっていますが、残念ながら「新しいiPadでは利用できない」(ソフトバンクモバイル広報)のだとか。

SoftBank、FDD-LTEによる高速データ通信サービスを今年秋以降にスタート … 次期iPhoneにも対応か : iPhoneちゃんねるを読んでいると、

・次期iPhoneが「FDD-LTE」対応
・そのため次期iPhoneは秋発売ではないか

と見られているようですね。

■関連記事

ソフトバンクが今年秋以降のLTEサービス開始を発表

AXGPは“TD-LTE”という方式を採用していますが、秋から始まるLTEサービスは、NTTやイー・モバイルと同じ“FDD-LTE”方式になります。対応エリアは全国の主要都市から順次拡大していきます。