2012 02 21 1202

下り110Mbpsの高速サービス「SoftBank 4G」--月額3880円からということで発表がありまして「SoftBank 4G」は2012年2月24日からスタートするそうです。

ソフトバンクモバイルは2月20日、下り最大110Mbpsの高速データ通信サービス「SoftBank 4G」を2月24日から提供すると発表した。同日にSoftBank 4Gと「ULTRA SPEED」の2つのエリアで下り最大76Mbpsの高速通信が可能なモバイルWi-Fiルータ「ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI」(101SI)を発売する。

ネタフルでは、AXGP利用の「SoftBank 4G」東京駅周辺で約60Mbps!という記事を書いていましたが「SoftBank 4G」はウィルコムのXGP事業を受け継ぎ発展させたものです。

気になる対応エリアですが‥‥

対応エリアは、2011年度末には札幌市、さいたま市、千葉市、東京23区、横浜市、川崎市、名古屋市、大阪市、神戸市、福岡市、北九州市および上記周辺都市をカバーする予定。また、2012年度末には全国政令指定都市の人口カバー率を99%まで拡大するとしている。

となっています。さいたま市も入っている!!

つい先日、イーモバイルの42Mbpsの「Pocket WiFi」に切り替えたばかりだったのですが、この業界は進化も早いですね‥‥。

料金プランは次のようになっています。

料金プランは、月額5985円の「4Gデータし放題フラット」を提供。4月30日までのキャンペーン期間中に申し込んだ場合は、月額4980円で利用できる。また、スマートフォンやタブレット端末ユーザー向けには、4月30日までに契約すると月額3880円になる「スマホセット割」を提供する。

ただし、注意点があります。「2012年10月の利用分より、月間5Gバイトを超える通信は自動で送受信最大128kbpsに制限される」とのことです。5GBはどのくらいなんだろう。

「5Gバイトを超える場合は、2Gバイトごとに2625円を支払うことで速度制限なく利用できる」ということですけど、こういう制限を気にしながら使うのはちょっと面倒ですかねぇ。