2012 02 07 1440

アメリカの調査会社IDCによると、2011年は初めてスマートフォンの出荷台数がパソコンを上回った年になったそうです。スマートフォン>パソコン、キターーー!

スマホ出荷数、サムスンが僅差でアップル制すという記事になっています。

米調査会社のIDCは6日、2011年のスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)の世界出荷台数が前年比61.3%増の4億9140万台になったと発表した。パソコンの世界出荷台数は3億5239万台で、通年で初めてスマホがパソコンを上回り、インターネットに接続できるIT(情報技術)機器の主役となりつつあることを印象づけた。

そうかーそうかーそうかなのかー。

2011年のスマートフォン出荷台数は4億9140万台で、なんと前年比61.3%増だったそうです。

そしてパソコンの出荷台数ですが、3億5239万台で、初めて通年でスマートフォンの出荷台数がパソコンを上回ったのだそうです。

スマホの出荷台数は10年10~12月期に初めてパソコンを上回り、それ以降はスマホ優位で推移。

「パソコンは1990年代半ばからネット接続機器の主役だったが、その座をスマホに譲った」と記事。「初めて手にするネット接続機器がスマホ」ということで、パソコン代わりにスマートフォン、という人がかなりいるのでしょうね。

スマートフォンのシェアでは、

・サムスン 19.1%
・Apple 19%

ということで、僅差でサムスンが首位となっています。