2011-07-19_1056.png

してます、ノマドライフ。ということで、混んだスタバやマクドナルドでノマドするくらいなら、高級ホテルのラウンジが快適でお得な理由という記事が気になったのでご紹介です。

下手すればコーヒー1杯がサービス料込みで1,000円以上もしてしまうのですが、とにかくその座席スペースのゆったりさ加減が、その辺のカフェや喫茶店とは段違いなのです。場所にもよりますが、ノートパソコンや資料を広げてもなお余裕があるほど。でもそもそも、そんなところでガッツリ仕事をしても良いのかって? その点はホテルのラウンジを打ち合わせに使っている人たちも多いので、自分の部屋みたいに荷物をぶちまけたりせず、節度を持って利用する分には平気です。

「腰を落ち着けて1~2時間仕事をしたい場合は、高級ホテルの喫茶ラウンジを積極的に利用する」という筆者のお話です。

なるほどー。

ホテルの喫茶ラウンジというのは、考えたことなかったですね。確かに一息つきたい時に、混雑しまくりのマクドナルドとか、ちょっと辛いこともあります。

またホテルの中には無料のWi-Fiを開放しているケースが多いのも特徴です。「今日はモバイルルーターを忘れちゃった」「もうバッテリーが切れちゃった」という時もうまく利用すると良いと思いますよ。もっとも宿泊者でないかぎりノートパソコンの電源を借りることまでは難しいと思っていた方がいいでしょう。

WiFiに関してはですね、カナダ旅行した際にしみじみ思ったのですが、もっと日本でも広がって欲しいですね。

カナダは空港はもちろんのこと、ホテルや飲食店など、かなりの場所でWiFiを利用することができました。

しかも、パスワードを入力するタイプでなく、ウェブブラウザからネット接続しようとすると、一通り告知が出て、それを了承すると24時間とかネットが使える、という仕組みで、誰でも気軽に使えるのが良いな、と。

(カルガリー空港では基本15分、Facebookで繋がると2時間、みたいなのもありました)

ただし何度も言いますが、基本的にフォーマルでジェントリーな空間ですので、コーヒー1杯で何時間も長居するとか、打ち合わせで騒ぐとか、大声で電話するとか、くれぐれもみっともない真似はなさらぬようお願いいたしますよー。

今のところ、個人的にはマクドナルドかルノアールを使うことが多いのですが(主に電源的理由で)ホテルのラウンジも試してみたいと思います。