2011-05-12_1116.png

AndroidがiPhone逆転 国内スマートフォン出荷3.7倍に・10年度という記事がありました。AndroidのシェアがiPhoneを逆転したそうです。

MM総研が5月10日発表した2010年度(2010年4月~11年3月)の国内携帯電話出荷調査によると、スマートフォン出荷は855万台で、前年度比約3.7倍に拡大した。各社からAndroid端末の販売が本格化したことで、OS別ではAndroidのシェアが57.4%となり、iOSを逆転した。

総出荷台数は9.3%増の3,764万台。スマートフォンの出荷台数は855万台。スマートフォンが携帯電話全体に占める割合は22.7%に。電車の中でも、スマートフォンを使っている人が増えました。

OS別シェアでは、

・Android 57.%
・iOS 37.8%
・Windows Mobile 3.2%
・BlackBerry 1.6%

となっています。つまり、AndroidとiPhoneというか、正確にはAndroid勢がiOSを抜いた、ということですね。

メーカー別となると、

・Apple 37.8%
・シャープ 24.3%
・ソニエリ 9.8%

などとなっています。

11年度スマートフォン出荷台数は2.1倍の1820万台に拡大し、全体(3890万台)の半分弱を占めると予測。

しばらくスマートフォンの勢いは止まらなそうです。

ケータイからスマートフォンに乗り換える本 (日経BPパソコンベストムック)

4822267342