スマートフォン7割増 10年の世界出荷という記事より。

米調査会社IDCが7日発表した2010年の多機能携帯電話(スマートフォン)の世界出荷台数は、前年比74・4%増の3億260万台となった。

アメリカのIDCが発表したところによると、なんとスマートフォンの世界出荷台数が前年比で74.4%増だそうです。

ななわりぞう! すごい!

確かに、日本でもスマートフォンが一気に注目を集めた年だったように思いますね。

米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載した携帯電話が大きく伸びたほか、米アップルのiPhone(アイフォーン)も好調で、市場が拡大した。

iPhoneは引き続きという感じでしたが、Android端末が伸びました。日本でもドコモ、auからAndroid端末が発売され、注目を集めています。

メーカー別では、フィンランドのノキアが48・2%増の1億30万台で首位。2位はカナダのリサーチ・イン・モーション(RIM)、3位はアップル。

メーカー別では、Nokia、RIM、Appleの順ですが、最近では「Android」世界スマートフォン市場でトップにというニュースもありました。

Androidアプリ事典512

4844329057