Amazon.com、Androidアプリストア開設へ、開発者向けポータル公開という記事より。

米Amazon.comは4日、Android向けのアプリを販売する「Amazon Appstore for Android」を開設すると発表し、アプリ開発者向けのポータルサイトを公開した。

Amazonが、Androidアプリを販売するための「Amazon Appstore for Android」を開設することを発表しました。具体的なサービス開始時期は明らかにされておりません。

ポータルサイトでは、販売するアプリの申請作業や販売管理などが行える。現在、アプリ開発者の登録を受け付けており、会費は年額99ドルだが、初年は無料。

Googleの運営するアプリストアとの大きな違いは、課金システムがAmazonのものを使えるということですね。利用者も買いやすいかもしれません。

開発者が受け取る報酬は、販売価格の70%または定価の20%のうちの高い方となるということです。

「Amazon Appstore for Android」日本でも登場すると良いのですが。

■関連記事

米Amazon.com、Androidアプリストア「Amazon Appstore」を正式発表

オンラインショッピングサイトとしてのAmazon.comについてはもはや多くを語る必要はないが、このショッピングシステムの一環で、そのままアプリが購入できる点にメリットがある。ショッピングカートや検索システムなど、Amazon.comでは各種APIを公開しており、Webサイト以外のアプリからでも同システムが利用できる仕組みが提供されているが、Amazon Appstoreではこのメリットを最大限に活用できる。