「アンドロイド」がiPhone抜くという記事より。

今年1~3月期、米国の高機能携帯電話「スマートフォン」市場の基本ソフト(OS)ランキングで、米インターネット検索大手、グーグルが開発した「アンドロイド」を搭載した携帯が米電子機器大手アップルのiPhone(アイフォーン)を抜いて、2位に浮上したことが分かった。

2010年1〜3月期、アメリカのスマートフォン市場のOSランキングで、AndroidがiPhoneを抜いて2位に浮上したそうです。

OSランキングということなので、Androidを採用している複数機種をまとめて、ということですね。

米市場では最近までカナダのリサーチ・イン・モーションのブラックベリーをアイフォーンが追う展開が続いていたが、米通信大手による大幅割引などでアンドロイド携帯は市場占有率(シェア)を前年同期の5%から28%に大きく伸ばした。

ちなみにiPhoneは21%、1位のブラックベリーは36%となっています。Windows Mobileは10%です。

アンドロイド携帯は2009年10~12月期にはシェアが21%に達しアイフォーンと肩を並べていた。

新機種投入のタイミングなどもあると思うので、iPhone 4Gがリリースされてどうなるか興味のあるところですね。