2010-04-13_1724-1.png

マイクロソフトが、Windows Phone 7をベースにした新しいスマートフォン「KIN ONE」「KIN TWO」を発表しました。

ソーシャルサービスとの連携に特化しているデバイスということで、何故に「KIN」かと思ったのですが「血縁,親族,親類」といった意味があるそうです。なるほど、ソーシャルなネーミング。

2010-04-13_1720.png 2010-04-13_1721.png

「KIN ONE」は縦にスライドするモデルです。

2010-04-13_1721-1.png 2010-04-13_1722.png

「KIN TWO」は横にしてスライドしてキーボードが現れます。

“ソーシャル”に特化した純正Windows Phone 7機 「KIN ONE」「KIN TWO」発表によると静電式のタッチパネルに、フォトライト付き5Mピクセルカメラ、モノラルスピーカー、4Gバイトの内蔵メモリなどを搭載します。

マイクロソフト、ソーシャル携帯" KIN "を発表。シャープ製2モデルを5月発売によると「マイクロソフトが買収した Danger の若者向け携帯 / サービス SideKick の系統」なのですね。

ハードウェアの開発はシャープが行っているそうなのですが、例えばこれでツイッターが使いやすくなって、ウィルコムあたりから月額980円くらいで登場したらどうなんでしょうね。

■関連記事

マイクロソフト、新携帯電話「KIN」シリーズを発表

MicrosoftのEntertainment and Devices部門を率いるRobbie Bach氏が「lifecasters」と呼んでいる、あらゆる思考、景色、音声を広く伝えたいと願う人々向けの携帯電話となっている。

フォトレポート:マイクロソフトの新携帯「KIN ONE」と「KIN TWO」

KINシリーズでは、Facebook、MySpace、TwitterなどSNSからのフィードを集め、ホーム画面に表示する。