ウィルコム、週内にも会社更生法を申請という記事より。

経営再建中のPHS最大手ウィルコムが、週内にも会社更生法の適用を東京地裁に申請する方針を固めたことが17日、分かった。官民共同出資の企業再生支援機構にも支援を正式に要請する。

経営再建中のウィルコムが、今週中にも会社更生法の適用を東京地裁に申請することが明らかになりました。

ネタフルでは次のようなエントリーを書いていました。

ウィルコム、私的整理へ
ウィルコムの事業再生・関連記事

「法的手続きには依らず、債務者と債権者との合意により自主的に負債を整理していく倒産処理手続き」という私的整理を目指していたのですが、取引先金融機関との交渉が難航したようです。

今年に入って企業再生支援機構への支援要請と、法的整理を合わせた経営再建策の検討を進めていた。法的整理のひとつである会社更生法の申請により、350億円に上る社債の処理や、金融機関に対する数百億円規模の債権放棄の要請を透明性の高い手続きで実行できると判断した。

日本航空と同じ「事前調整(プレパッケージ)型」の法的整理となるそうです。

今後は「支援機構の支援と、ソフトバンクと国内投資ファンドなどからの出資を得て、事業を継続しながら再生を目指す」と記事。

■関連記事

<ウィルコム>今週中にも会社更生法申請 事業は継続

ソフトバンクは国内投資ファンドと次世代PHSの「XGP」事業に出資する意向を示している。

ウィルコム、18日にも会社更生法申請 再生機構支援へ

法的整理に踏み切るのは、350億円にのぼる社債の圧縮や、取引銀行に債権放棄を求めるうえで、透明性と公平性を確保するのが狙いだ。社内や機構の一部では、信用低下を心配し、法的整理への反対意見もあった。しかし、債権放棄額を巡って難航していた取引銀行団との交渉が合意にこぎ着け、機構やスポンサーの支援見通しも固まり、深刻な顧客離れは避けられると判断した模様だ。