2010-01-06_1342.png

Google製のスマートフォン「Nexus One」がついに発表になりました。

OSだけでなくハードからGoogleが関わっているので、いわゆるiPhoneと同様のポジションになります。両方をコントロールすることで、一体感も高まりますね。

実際にどのような動きをするか、は「Nexus One Phone - Web meets phone.」でデモを見るとこができます。

2010-01-06_1349.png 2010-01-06_1350.png 2010-01-06_1351.png

文字入力はソフトウェアキーボードですね。

スペックシートによれば、

・サイズは119mm x 59.8mm x 11.5mm
・重量は130g(バッテリ込み)
・3.7インチ液晶(800 x 480ピクセル)
・カメラは500万画素(6cm〜オートフォーカス)
・LEDフラッシュ
・動画撮影可能(720x480、20fps)
・CPU Qualcomm QSD 8250 1 GHz
・OS Android Mobile Technology Platform 2.1 (Eclair)
・512MB Flash/512MB RAM/4GB Micro SD Card

などとなっています。

バッテリ性能は、

・通話 2Gで10時間、3Gで7時間
・待ち受け 2Gで290時間、3Gで250時間
・インターネット 3Gで5時間、WiFiで6.5時間
・ビデオ再生 7時間
・音楽再生 20時間

となっています。

2010-01-06_1400.png

基本的なボタン類等は以下のようになっています。

(1)電源
(2)3.5mmステレオヘッドフォンジャック
(3)充電などのインジケーター
(4)バック/ホーム/メニュー/検索のソフトキー
(5)クリック可能なトラックボール
(6)カメラ
(7)フラッシュ
(8)スピーカー
(9)ドック用コネクタ
(10)Micro USBポート
(11)マイク
(12)ボリュームコントロール

言語サポートは次のようになっています。

キーボード:English (U.S), French (France), German, Italian, Spanish, Portuguese (Brazil),

ディスプレイ:English (U.S), French (France), German, Traditional Chinese, Simplified Chinese, Italian, Spanish, Portuguese (Brazil), Korean, Japanese, Russian,

日本語表示には対応しているけれど、入力は未対応といったところでしょうか。日本で発売されて、実物に触れるのも楽しみですが。

Google Nexus One(ネクサス・ワン)ついに発表―TechCrunchが詳細レビューをお届けするという記事で早速、レビューを読むことができます。

ユーザーの操作は主として3.7インチ、480 x 800、静電容量方式のOLEDタッチスクリーンを通じて行われる。Nexus Oneのスクリーンは現在の携帯で最高のディスプレイだ。iPhoneの480×320の画面などは問題にならない。このスクリーンは明るく、反応が速く、使って楽しいことこの上ない。

こうなってくると、新しくリリースされるであろうiPhoneや、iPhone OS 4.0にも期待が大きくなりますね。

■関連記事

24ヵ月利用で、iPhoneはNexus Oneより50%近く高い

Billshrinkが、Google Nexus Oneの機種代と通信費を含む総費用を、他機と比較した便利な表を作った。結論? ハイエンドのプランでNexus Oneは24ヵ月で$2580。対するiPhoneは$3780で、なんと50%も割高だ。