携帯純増数 ソフトバンクが3カ月首位という記事より。

携帯電話各社が9日発表した10月の携帯電話契約数によると、新規契約から解約を差し引いた純増数で、ソフトバンクモバイルが9万7500件となり、3カ月連続で首位となった。

2009年10月の携帯電話契約数において、純増数でソフトバンクが3ヶ月連続での首位となっています。

「iPhone 3GS」が引き続き好調で、全体を牽引したということです。

電車の中などでも、本当に「iPhone」を手にしている人が増えた気がします。もう特別な存在ではなくなりつつある気がしますね。

2位 イーモバイル
3位 ドコモ
4位 au

ウィルコムは40,400件の純減でした。

今日、開催されているソフトバンク新製品発表会によると、新しいキーワードは「WiFi」のようですね。動画コンテンツなどに注力していくということです。

■関連エントリー

ソフトバンクの純増はプリペイド携帯によるもの?
ソフトバンクモバイル、14カ月連続で純増数トップ
ソフトバンクモバイル、17ヶ月連続で純増数トップ
ソフトバンクの経営が不安視される5つの理由
ソフトバンク、年間累計純増数で初の1位に
ソフトバンク、2年連続で携帯電話純増数で首位
ソフトバンクモバイル、25ヶ月連続で純増数1位に
2009年9月の純増数でソフトバンクが首位に