グーグル、Android有料アプリの国内配信開始--位置通知サービス「Latitude」もという記事より。

グーグルは10月23日、携帯電話向けアプリ販売サービス「Androidマーケット」において、日本でも開発者が有料アプリを発売できるようにしたと発表した。

Googleの「Androidマーケット」で、日本でも有料アプリの販売ができるようになったそうです。Googleの手数料は30%で、70%が開発者のものとなります。

日本円が利用可能ということですが、決済が「Google Checkout」というのは、利用者にとってはどうでしょうね。

アプリは開発者がAndroidマーケットに投稿後、すぐにユーザーが購入できるようになるという。グーグルではAndroidマーケットについてアプリの審査をしておらず、ユーザーからのクレームがあった時点で配信を停止するという方針を採っている。

アプリを販売したい人は、すぐに販売可能ということなのですね。すごいスピードです。しかも、24時間以内であれば、購入後のキャンセルも可能と。

Androidが搭載された端末は、日本ではどのくらいの数が出ているのでしょうかね。ぼくの周りでは「iPhone」が多いですが、着実にすそ野を広げているところでしょうか。