デル、高機能携帯に参入 米紙報道、グーグルのOS搭載という記事より。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は7日、パソコン世界2位の米デルが、スマートフォン(高機能携帯電話)を米国向けに来年にも販売すると報じた。

アメリカで、DellがGoogleの携帯電話向けOS「Android」を搭載したスマートフォンを2010年にも発売すると報じられています。

タッチパネルを備えたモデルになるということですが、どんな使い勝手になるのでしょうか。

報道によると、デルは米通信大手AT&T向けに端末を投入する。AT&Tに関してはアップルが人気スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」を展開中。AT&Tにとって初の「アンドロイド」搭載端末になる可能性がある。

さらには中国向けにも、スマートフォンを検討しているということです。ドコモの「Android」端末はその後、どんな感じでしょうかね。

(via Twitter / Ralph Yum

追記:

Life is beautiful: DellのAndroidケータイが意味するもの

日本のケータイメーカーは(1)このまま日本市場に特化した端末作りで突っ走る、(2)Androidに切り替えて世界と戦う、(3)撤退もしくは合併する、のどれかを選ばなければならない。