上半期の携帯純増数はソフトバンクが首位という記事より。

携帯電話各社が7日発表した今年上半期(1~6月)の携帯電話契約数によると、新規契約から解約を差し引いた純増数はソフトバンクモバイルが95万6400件で首位だった。

2009年上半期の携帯電話純増数は、ソフトバンクが1位だったそうです。順位は以下の通りに。

1位 ソフトバンク 956,400件
2位 ドコモ 709,000件
3位 au 445,000件

ソフトバンクは「iPhone 3G」「iPhone 3GS」が好調だったとしています。

しかし快調に見えるソフトバンクですが、前年同期と比べると純増数は36.2%も減少しているということで、このペースがさらに鈍化したらどうなるのでしょうね。

■関連記事

ドコモ6月純増数ソフトバンクに肉薄…夏モデル好調

ドコモ広報部は「6月から発売した夏モデルのラインアップが豊富だったことに加え、解約率も過去最低水準が続いている」と話している。