ケータイの充電器ひとつに EUとメーカー10社合意という記事より。

フィンランドのノキアや米アップルなど携帯電話メーカー10社が欧州連合(EU)の欧州委員会と、充電器の共通化で合意した。小型のUSB端子を使い、10年には発売される見通しだ。

海外の携帯電話メーカーが、充電器を共通化することで合意したそうです。小型のUSBを使い、2010年にも登場予定とのことです。

確かに、機種変更するたびに充電器が不要になるというのはもったいない話で、これだけゴミも出ていたことになります。

充電器の統一は、欧州委がこれまでメーカー各社に働きかけてきた。理由として、電話を替えるたびに充電器が捨てられ年間数千トンのムダになっていることや、利用者に不便をかけていることなどをあげていた。

メーカー各社にそれぞれ思惑があったのでしょうが、ようやく統一される方向で動き出したということです。

なお、日本に関しては「次世代の通信規格が統一されることから、業界では充電器も共通化する方向で検討されている」ということです。是非とも実現して欲しいですね。