スポンサードリンク

【Misfit】「Misfit Shine 2」最後に同期した場所を調べることが可能に

スポンサードリンク

Misfit shine2 8506

活動量計「Misfit Shine 2」では、最後に同期した場所を調べることが可能です。つまり、万が一どこかで落としたとしても、だいたいの場所を知ることができるというわけです。方法は「Misfit Link」アプリを使用します。

スポンサードリンク

活動量を計測する「Misfit」アプリとは別に、ダブルタップ、トリプルタップした場合の動作を設定する「Misfit Link」アプリがあります。こちらを使うと、最後に同期した場所が分かります。

「Misfit Link」アプリで「Misfit Shine 2」を連携しておくと「最後にデバイスを接続した場所?」というメニューを利用できるようになります。

Misfit shine2 8507

これで落とした場合も、最後に同期した場所が分かります。

「Misfit」関連記事

動作も同期も高速になった!「Misfit Shine 2」タッチセンサー&バイブレーションを搭載した活動量計の新モデル

超軽量の活動量計「Misfit Flash」本日2015年7月30日より発売開始!→ 手放せなくなった5つの理由とは?

超軽量の活動量計「Misfit」疑問に思っていたことを中の人に聞いた → 動きの研究だけで15人の研究者を抱えている → だから睡眠の自動検知も可能

活動量計「Misfit Flash」ソーシャル機能で仲間の頑張りが分かるのが励みになる!

スポンサードリンク

前へ

【動画】そんなに近くを飛んで大丈夫なの!?ジェットマンがジャンボジェットと並んで飛ぶ!

次へ

藤子不二雄A「ジャンプSQ.」連載中の「PARマンの情熱的な日々」休載へ → 理由は「このところバテテきて」