スポンサードリンク

「メルペイあと払い」を支払い(返済)する方法

スポンサードリンク

「メルペイあと払い」を支払い(返済)する方法


2019年6月にスタートした「メルカリ」のあと払いサービス「メルペイあと払い」ですが、セブンイレブンだと70%還元などポイント還元が大きかったので、2,000円ほど「メルペイ」のiDで利用していました。

ただ「あと払い」という性質上、ちゃんと支払い分を残高として残しておかなくてはいけないのでは等、どこか借金感が残ったのは事実です。さらに、どうやって“返済”するのだろう、というのも気にかかっていました。

7月になったら「支払いしてください」という通知が届いたので早速、返済してみることにしました。

スポンサードリンク

「メルペイあと払い」を支払い(返済)する方法

「メルペイあと払い」を支払い(返済)する方法 1

メルカリアプリの「やることリスト」に「6月利用分のお支払いが可能になりました。7月31日までにお支払いください」と表示されていて、これをタップして支払いすることができます。

「メルペイあと払い」を支払い(返済)する方法 2

「支払い方法」を選択します。

「メルペイあと払い」を支払い(返済)する方法 3

ここで支払い方法が3種類あることが分かりました。

・口座振替
・メルペイ残高払い
・コンビニ/ATM払い

幸いメルペイ残高を残してあったので、そこから支払いすることができました。

「メルペイあと払い」を支払い(返済)する方法 4

「ポイントを使用」というのがあり「ポイントを使用する」と表示されていたので、ポイントを利用するつもりだったのですが、結果的にはポイントは使われませんでした。

おかしいな‥‥と思ったのですが、この「ポイントを使用する」は、どうもグレイアウトしているようです。選択しないといけないようです。

↓ポイントを使い切りたい人はどうぞ。

これで「メルペイあと払い」への支払い(返済)が完了しました。

「メルペイあと払い」の感想

あえて(返済)と書いているんですけど、どうしても感覚的には借金返済感があるのですよね‥‥もともとメルペイ残高があるところで、無理やり「あと払い」サービスを使っていたから、ということもあると思いますが。

今回は手数料は無料でしたが、通常は精算時手数料として300円がかかります。

手元資金がない、メルペイ残高がないといった時に、どうしても欲しいものがあったら「メルペイあと払い」の利用があるのかな、と思いました。

あ、でもあと払いしたいだけならコンビニ支払いにすればいいから、本当に手元資金がないときに利用するのが「メルペイあと払い」ということになりますかね。

利用の限度額を自分で設定することができるので、きちんと設定しておきましょう!

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

ネタリスト(2019/07/01 10:00)話題の「UberEats」6ヵ月で200万円稼いでわかったこと

次へ

【Kindleセール】3万冊以上が対象「プライムデー Kindle本最大70%OFFセール」(7/16まで)