スポンサードリンク

Android対応&コード決済対応を発表「メルペイ カンファレンス 2019」 #メルペイ

スポンサードリンク

メルペイ カンファレンス 2019

2019年2月20日に渋谷ヒカリエで開催された「メルペイ カンファレンス 2019」に参加しました。iD決済が可能な「メルペイ」が発表された直後のカンファレンスということで、どんな内容が発表されるのか楽しみに参加してきました!

スポンサードリンク

「メルペイ カンファレンス 2019」で発表されたこと

箇条書きで「メルペイ カンファレンス 2019」で発表された要点をまとめておきます。

メルカリによって消費行動にも変化が現れた(購入する前に売値を調べる人が半数以上に)

・メルカリの二次流通とメルペイの一次流通で大きな流れるを作る=お金の流動性のイノベーション

・メルカリはメルペイで個人だけでなく企業もエンパワーメントする

・メルペイは全国60行以上からチャージ可能

・メルペイは2019年2月末から3月初旬にAndroidにも対応

・メルペイは2019年3月中旬にコード決済に対応

・iDとコード決済の対応で全国135万箇所で利用可能に

・コード決済はスシロー、串カツ田中、松屋、吉野家などが対応

・メルペイ加盟店の初期導入費・固定費は0円、決済手数料は1.5%(手数料は一時的なキャンペーンではなく継続的なもの)

・コード決済でJCBとパートナーに

・JCBはコード決済規格の統一として「スマートコード」を2019年春より提供予定

・将来的には取引実績により残高がなくても買い物が可能に

ポイントは?

この中から一般ユーザーにとって関心が高そうなトピックをさらにピックアップすると「Androidが近日対応予定」「コード決済が近日対応予定」といったところでしょうか。

JCBが統一規格として進めていく「スマートコード」に乗ることができれば、コード決済に関してもかなりのスピードで拡大していくのではないかと思われます。

とりあえずポイント還元はなし

ただし、一方では質疑応答の中でも明かされたのですが、現時点ではポイント還元のようなことは考えていないそうで「あえてメルペイを使う」という理由、モチベーションは少し弱いのかな、と感じました。

ポイント還元が数%から20%のスマホ決済が多い状況を考えると、銀行に出金する、またはSuicaにチャージする、といった使い方をする人の方が多いような気もしますが、果たしてどうなるでしょうか。

「メルペイ」の開始でメルカリの売れ行きが鈍っている?という記事を書きましたが、この点に関しても質疑応答で質問があり、現時点では影響はない、という答えでした(メルカリもメルペイも伸びている)。

「メルペイ カンファレンス 2019」ツイートまとめ

最後に「メルペイ カンファレンス 2019」の会場から行ったツイートをまとめておきます。会場の雰囲気、全体像をつかみたい方は、ぜひこちらをご覧ください。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

電源オンオフならAmazon Echo+スマートコンセントが便利なことが分かった!

次へ

篠田麻里子、結婚を発表