いつでも友だちとつながっていたい、だからTwitterという記事で紹介していただきました。ありがとうございます!

「Twitter」がブレークした直接的なきっかけは、ブログ「ネタフル」のエントリー「[N] ブログ合宿2007“春の陣”まとめ」にある“ブログ合宿”だったようだ。このブログ合宿で、「百式」の田口さんが日本のブログカルチャーのキーパーソンたちに「Twitter」の利用を呼びかけたらしい。

なんかすごいきっかけとして取り上げて頂いているのですが、実際のところどうだったんでしょうね。

ぼくが「Twitter」というのを知ったのは「TechCrunch」で、なんとなく名前は見ていたけど実際にどういうサービスか調べないで「なんだか人気が出ているらしい」と思っていたのが3月前半くらいでした。

で、ブログ合宿で確かに田口さんの呼びかけで、10人くらいでアカウント登録して試しに使ってみたのが3月下旬でした。

ちなみにテクノラティで調べてみると‥‥

Twitter Pop1

2007年4月5日過ぎから上昇気流に乗った気がしますね。

ということで、記事でも紹介されている「caramel*vanilla」の4月8日付けエントリー「Twitterが激しく面白すぎる件と日本語のTwitterツールいろいろ」が大きく影響しているのではないでしょうか。

使い始めて数日で「これはかなり面白いかも!!」と思い直して、ファーストインプレッション的にちょこっと記事を書きました。

最初はつまらなそうと思っていたけれど‥‥というあたり、実はぼくもそうでした。Friendsが増えるに従って、楽しさが増えていった感じです。

さらに、このエントリーのようにきちんとツールが紹介され、ただ単にメッセージを投稿するだけじゃなく、こんなこともできるんだよ、というのが分かりやすい形で伝えられたのが非常に大きかったのではないでしょうか。