第4回 アルファブロガーを魅了する“ミニブログ”という記事より。

ミニブログとは、筆者が便宜的に命名したものだ。自分の近況や気になった情報を書き込んで掲載するという点ではブログに似ているが、より手軽かつ気楽に投稿できる仕組みになっているのが特徴だ。特に人気のあるのが、“twitter”(トウィッター)と“tumblr.”(タンブラー)という2つのサービスである。

「林信行のマイクロトレンド」で、最近ネタフルでもハマっている“ミニブログ”が紹介されていました。

林氏は“ミニブログ”を「より手軽かつ気楽に投稿できる仕組みになっている」ブログとして、代表的なサービスの“twitter”(トウィッター)と“tumblr.”(タンブラー)を紹介しています。

その中で、ぼくも紹介して頂いてました。

twitterは、日本のブログ普及に貢献した伊藤穣一氏や、シックス・アパートで『Movable Type』などの日本語化に貢献した平田大治氏が利用している。一方、tumblrを愛用するのは、日本を代表するブロガーのひとり“ネタフル”のコグレマサト氏や、ブログマーケティングの開拓者である(株)カレンの四家正紀氏などだ。

ありがとうございます!

「twitter」や「tumblr.」というのを目にするようになったけど、これはいったいなに? と思っていた人はぜひ読んでみて下さい。

ネタフルでは以下のようなエントリーを書いています。

Twitterリーダー「Twitterrific」
「Twitter」をIMから利用する方法
シンプルなブログサービス「Tumblr」