日経新聞と一緒に日曜日に配布されている「THE NIKKEI MAGAZINE」に取材して頂きました。

『「書く」ということ』という特集で、11月に取材して頂いたものでした。

かつて「書くこと」は選ばれた人の特権であったけれど、状況が変わった‥‥という中で、ブロガーとしてお話をさせて頂きました。

2時間くらいみっちりとお話させて頂いたのですが、エッセンスとして書いて頂いたのは「ブログは音楽」であるというところ。バンドの延長線上にブログがあるというのは、ぼくのルーツのようなものなのかもしれません。

もともと歌うのは好きだったのですが、どこからそういう気持ちになったかというと、小学5年生頃の音楽の授業のテストで、仲の良かった友だちと二人でみんなの前で合唱曲をハモったことだと思い当たりました。

そんなことを思い出させてくれたインタビューでした。

編集の方と編集長と二人でお見えになったのですが、終止、優しい視線で頷きながらメモをとる編集長がとても印象的でした。バックナンバーも拝見しましたが、編集長の雰囲気がそのまま反映されているのが「THE NIKKEI MAGAZINE」だと思いました。