ノンフィクション風で面白そうだったので、話題になっている「グーグル」を購入してみました。

主にアドワーズでどのように中小企業が変わるか、という事例にページが割かれている印象でしたが、非常に分かりら安くまとまっていると思います。

その反面、Googleの“危険な香り”についても触れられていて、Google礼賛だけではなく、Googleの良い面、悪い面に目を向ける必要があることを改めて感じています。

最近、なんでもかんでもGoogleの独壇場で、確かに怖さを感じていたところです。サポート対応があまりよろしくないという点についても触れられています。

さて、その中で読んでいて驚いたのですが、アドセンスを紹介するところで、なんとネタフルがスクリーンショット入りで紹介されているではありませんか!

こんなにドーン! アドセンスを使用しているブログの事例として紹介されています。佐々木さん、一言教えてくれればいいのに。面識ないんですけど。巻末の関連URLには残念ながら掲載されていません。Googleで「ネタフル」と検索せよ、という思し召しなのですね。

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (501)

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する  文春新書 (501)