山崎潤一郎氏の「ネットで流行るもの」に、ネタフルが登場してしまいました。「ついにブロガーの仲間入りをした! 」というタイトルで、blogの例として紹介して頂きました。いっちょ前にコメントなんて掲載されてしまいました。

山崎氏はWeblogと日記の違いについて、

その違いを一言でいうと、「陰」と「陽」にあるのではないだろうか。ブログはあきらかに「陽」だ。もっと具体的に言えば、ブログはリンクを掲載することを前提としたオープンなコミュニケーションであり、一方のウェブ日記はパーソナルな場で、必ずしも開かれたコミュニケーションを前提していない。その違いとも言える。

と書いています。確かに、もともと日記というものは、人に見せるという前提で書くものではなく、自分の気持ち・記録を書きとどめておくものですから、そういう意味では非常にパーソナルな場であり、内向きのベクトルを持っているといえるかもしれません。逆にWeblogというのは、コメントあり、TrackBackありと、外に向かってコミュニケーションを働きかける、つまり見られることを前提として書かれていますから、そういう部分は大きな違いなのかもしれません。

あと、ふと思ったんですけど、一日に複数の記事が書かれる、というのも意外と重要なポイントかもしれませんね。日記って、一日にいくつも書くものじゃないですもんね。とまぁ、こんな風に定義することにどんな意味があるかは分かりませんが、自分の中では漠然と日記とblogって違うなぁ、と感じているわけです。それをうまく言い表す言葉が、なかなか見つからないんですね。