天島武文氏のさんねんネタ郎というエッセイで、個人的に好きなblogとしてネタフルを紹介して頂いていました。天島さんはblogの良さを次のように書いています。

blogサイトだと、まず最初からニュースのカテゴリが偏っていたりするので、自分の欲しい情報がそこへいけば間違いなく手に入る安心感がある。同じようなニュースがかぶることはないのはもちろんのことだが、管理する個人が自分に変わってニュースソースを拾い集めてくれている楽チン感があるのだ。

書き手の個人的な部分が見えてきて、面白いというのはありますね。ニュースを引っ張ってきてコメントを付ける、という行為はとてもシンプルですが、そこにパーソナリティーが垣間見えると楽しいですよね。情報=ネタのディスクジョッキーみたいなものだと思います。それでこのサイトは、情報=ネタ・フル=振る、なんです(笑) 自分のキャパシティーには限界があるので、自分の知らない世界の面白い情報を集めてくれるbloggerに頼る、というのも一つの情報収集手段ですね。