La Pesquera MARISQUERIA 2162

「ラ・ペスケーラ マリスケリア」。大手町の横文字のレストラン? ジャケットとか着ていった方がいいんですか!? と思ってしまうくらいにはお上りさんです。ジャケットは着ていきませんでしたけど、スーツ姿のサラリーマンにキレイ系のサラリーウーマンが集う、お洒落なスペイン魚介食堂が、大手町の地下2階にありました。

自分のチョイスならまずは選ばなそうな場所なのですが、行ってみたらここはオススメ。タパスは500円、ワインもボトルで2,500円と、大勢でワイワイと楽しく過ごすにもうってつけです。何より東京駅から近いのがいいですね!

「ラ・ペスケーラ マリスケリア」タパスで味を楽しもう!

そういえば、あまりスペイン料理て食べたことなかったカモ。

郷に入れば郷に従えということで、オススメのチャコリで乾杯です。チャコリ、聞いたことないでしょ。ぼくも初めて見ました&飲みました。

La Pesquera MARISQUERIA 2161

こんな風に、独特の注ぎ方をするんですよ。よく知らないけど、なんだかスペインぽい! と思ってしまいました。

La Pesquera MARISQUERIA 2159

これがチャコリです。微発泡の白ワインで、アルコールは低め。けっこうグビグビいけちゃいます。

La Pesquera MARISQUERIA 2160

説明によると「チャコリ」はスペインのバスク地方で飲まれるようです。「ラ・パッション チャコリ」はチャコリ・デ・ゲタリア産。あ、これはシャンパーニュみたいに、産地が名前に入っているのかしら?

「柑橘の爽やかな香りときりっとしまった豊かな酸」ということで、美味しいワインでした。グラスで450円、ボトルで2,500円。

牡蠣が2種、ハムの盛り合わせやサラダ、イカのフリッターからスタートしてみました。牡蠣にはホースラディッシュ、合いますね。

La Pesquera MARISQUERIA E5AD7

うーん、美味し美味し。

色とりどりの料理が並ぶと、オジさんだってウキウキしちゃいます。心が躍っちゃいます。

La Pesquera MARISQUERIA 9F1B6

マテ貝は初めて食べましたが、竹みたいなフォルムしてるんですね。モキュッとして美味。ハモンとアンチョビのパン・コン・トマテ(左上)は一口サイズ、パンがトマト味です。

La Pesquera MARISQUERIA 15C5B

タパスといったら、やはりアヒージョでしょうか? これもまたタパス。マッシュルーム。バゲットでオイルまで頂きます。美味い。右上はボケロネス(酢漬けイワシ)。これまた酢漬けした青唐辛子でピリリと辛めで頂きますが、チャコリとぴったりマリアージュ。

La Pesquera MARISQUERIA B6F37

チャコリから白ワインへ。肉料理はハーブ三元豚のグリル。肉が柔らかくてジューシー! 下の真ん中はスペインスタイルオムレツのトルティージャ。右下はパエリア。ミックスシーフードで絶品。やはり〆にライスは正義。

La Pesquera MARISQUERIA F3B09

コーヒーにデザートも頂きました。6人だったので、それぞれ違うデザートをオーダーしてシェア。大満足の店でした。

La Pesquera MARISQUERIA 2191

店内の入口はスタンディング、中ほどは背の高いテーブルと椅子、そして奥はそれなりの人数が入れるテーブル席と、シチュエーションに応じていろいろな使い方もできるのが「ラ・ペスケーラ マリスケリア(大手町)」の良さでしょう。

雰囲気も味も良し、言うことなしのスペイン魚介食堂でした。ここはランチでいっても楽しめそうですね!?

ちなみに、店名にもなっている「マリスケリア」とは、スペイン語で「魚介食堂」を意味する言葉だそうです。

ごちそうさま!!!!!

ラ・ペスケーラ マリスケリア(大手町)

関連ランキング:スペイン料理 | 大手町駅東京駅二重橋前駅