2017 06 16 1235

Facebook傘下の「Instagram」の投稿で、スポンサー関係のある投稿に関して「XXX(ブランド名)とのタイアップ投稿」と表示することが発表されました。Instagramにおける、ビジネスとクリエイターの協業関係の透明性を向上 | Facebookニュースルームとして発表されています。

今後数週間のうちに、インフルエンサーやパブリッシャーなどのクリエイターが、スポンサー関係にあるビジネスに関する投稿をInstagramにシェアする際、該当するフィードやストーリーズ投稿のサブヘッダーに「XXX(ブランド名)とのタイアップ投稿」と表示されるようになります。

この理由をInstagramは「報酬の授受が存在するパートナーシップによるコンテンツについて、高い透明性と一貫性が必要」と考えているとしています。ステルスマーケティングが看過できない状況になっていることの裏返しとも言えるのではないでしょうか。

「XXX(ブランド名)とのタイアップ投稿」のタグ付けは関係性の明示だけでなく「該当する投稿のインサイトにアクセスできるようになり、投稿に対するフォロワーの反応を簡単に共有」できるようにもなるそうで、フォロワーを購入していたような人には厳しい現実が待ち受けているかもしれません。

最初はごく少数のクリエイター及びビジネスを対象にツールの提供を開始し、数ヶ月以内に、公式なポリシーと施行ガイドラインをもって提供範囲を拡大する予定です。

関係性が明示されるのはウェルカムです。クライアントが反応を確認できるというのも、便利だと思います。Insragramのインフルエンサーマーケティングに一石を投じることになるかもしれません。