2016 01 26 1053

Instagramを使う芸能人・有名人が増えましたが、ブログやTwitterの時と同様に、ステルスマーケティング(通称ステマ)をしてしまう事例も増えているのでしょうか。ステマに関しては見る方のリテラシーも問われるのですが、Instagramでも一斉に「これはステマだ」とツッコミが入るケースもあるようで、ちょっと驚きました。

この投稿ではあるシャンプーを紹介した写真が投稿されているのですが、コメント欄には「あからさま過ぎて笑」「ステ魔」「ステマーーー( i _ i )」といったコメントが並んでいます。さらには「ステマほんと悲しい闇を感じる」「 芸能人のお仕事のひとつなのだから仕方ないと思います」といった、心配をする声も。

商品自体にステマの印象がつき、商品を使っている=ステマのよくないイメージが連想される、など、商品にとっても使用する人にとっても悪いスパイラルが起こってしまいそうです。

もしかするとステマではない可能性もありますが、仮に商品の宣伝だとしたら「PR」と入っていれば、問題はなかったのでしょう。

ステルスマーケティングを仕掛けている側も知識がなく「どうせ分からないだろう」と思ってステマをしてしまっているケースもあるでしょうし、宣伝する芸能人・有名人もステマがよく分かっていないケースもあるとは思うのですが、これは「知らなかった」では済まずにイメージを毀損してしまうことがあるので、勉強が必要だと思います。

実際、この投稿でも背景・事情は関係なしに「ステマですね」とコメントが入っている訳でして。特にInstagramは「投稿の場」と「コメント欄」がセットになっており、良くも悪くも目に見えるところでコトが進行していきます。

ステルスマーケティング - Wikipedia

ステルスマーケティング(英: Stealth Marketing)とは、消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすること