2015 06 24 1102

ユーザーローカルが「ネットニュース記事の配信時刻とソーシャルメディアの反響調査」という、非常に興味深い調査結果を発表していました。結果はタイトルで書いてしまった通りではあるのですが。

記事配信の時間帯別に、TwitterやFacebookでどれだけ拡散されたかを調査しました。朝5時前後に配信した記事がTwitterで話題になりやすく、午後2~4時ごろに配信した記事はFacebookで話題になりやすい、という傾向があることがわかりました。

メディア向け記事分析ツール「Media Insight」というサービスを使い、国内の約サイトを調査しています。

次のようなことが判明しています。

・ランチ前や夕方17時ごろに配信される記事が多い

・Twitterで拡散されやすいのは朝5時台に配信された記事

・Facebookでは午後2~4時ごろに配信した記事にいいね!やシェアされやすい

ざっくりと丸めると「朝5時前後に配信した記事がTwitterで話題になりやすく、午後2~4時ごろに配信した記事はFacebookで話題になりやすい」ということなのですが、次にあるように媒体の特性もあります。

・女性向け記事の場合は19時に配信された記事は、Facebookでの1記事あたりの拡散数は約2.5倍以上

・ビジネス媒体の記事は早朝5時台の配信記事が拡散されやすい

・新聞社の記事は早朝4時台の配信記事が拡散されやすい

このグラフが非常に面白いですね。

2015 06 24 1108

ネタフルも記事の配信を行っていますが、時間帯に関しては経験則というか、思考錯誤した結果なのですが、また見直してみたいと思います。

さらに媒体ごとの詳しい資料を請求することもできますので、興味のある方はコチラからどうぞ。