2013 04 22 1347

個人プログラマがサイトを32万円で売却してMacBookAirをゲットするという試みを実践されている方がいらして、確認したところ、そのサイトは楽天オークションで入札が完了していました。価格は631,000円です。

サイト開設直後からかなり右肩上がりでアクセスが増えています。ソーシャルゲームの主なプレイ層であるスマートフォンに特化して、攻略データ+便利ツールを開発したのがよかったのでしょう。アフィリエイト広告はよくあるバナーが最下部に表示・追随されるやつで、表示されるのはソーシャルゲーム系広告が多いです。サイト閲覧者と広告の相性が良いらしく、eCPMがかなり高いです。すごい。

ゲームの攻略系サイトというのは、ゲーム自体の人気がある時はかなりのアクセス数になるみたいですね。

それはさておき、このプログラムの方は「ameroad」というサイトが売却されたのをヒントに、自身の開発したサイトを販売することにしたそうです。

アクセスも、掲載しているアフィリエイト収入も右肩上がりということで、興味を持った人もいたようですね。

興味深いのは「商品詳細」です。

売却されるのは「・ウェブサイトを構成するファイル一式(PHPプログラム・SQLiteデータベースファイルなど)」ということで、ドメインは含まれないのですね。

プログラムが途中で動かなくなったらどうするんだ、という心配もある訳ですが、入札している人は腕に覚えのある人でしょうか。それとも、サイト運営とは別の思惑のある人でしょうか。

「過去30日では約8万円の収益が上がっています」ということですが、新規サイトを稼働させて、どのくらい再現されるか、というところも気になります。

ドメイン自体は売却されませんが「新しく設置したURLへのURL転送を行います」ということにはなっています。あくまでも、元のサイトのURLは明かされません。

似たようなソーシャルゲームの攻略サイトを、水平展開することができれば、十分に元を取ることができるのかな、と思ったりもしますが、どうでしょうか。

個人的には、月に8万円の利益が出ているのであればそのまま運用した方が良いのではと思いますが、開発者も一応のノウハウを収集できたこと、加えて別のところにも思惑があったりするのかもしれませんね。

追記:

実際に入札した方からコメントが!

追記:

出品した方からもコメントを頂きました!