2010-05-17_1603.png

ユニクロが、ニューヨークで開催された世界三大広告賞の一つである「One Show」のインタラクティブ部門で「クライアント・オブ・ザ・イヤー」を受賞しています。

「クライアント・オブ・ザ・イヤー」というのは「秀逸なクリエイティブを一貫して発表し続け、インタラクティブ分野における可能性に挑戦している」と感じられた企業に贈られるそうです。

つまり“一発屋”ではなく、ユニクロが継続してインタラクティブでクリエイティブな施策を展開しているということが認められた、ということですね。

審査員全会一致で選らばれたというのですから、快挙ですね。おめでとうございます!

■関連エントリー

ユニクロのファーストリテイリング「iPhone 3GS」を1,200台導入
「ユニクロ」勝部健太郎氏インタビュー動画
ユニクロ、ツイッターを始める
ユニクロがシルク・ドゥ・ソレイユとコラボした「UNIQLO MEETS CORTEO」
「UNIQLO MARCH」ユニクロの新しいウェブキャンペーン
「ユニクロ」キャミソールで一人勝ち
ユニクロ「UT MEGA CULTURE」Tシャツ開き宣言の舞台裏
「UNIQLO MEETS CORTEO」でのユニクロ体験レポート