ライブドア、分社後初のM&A ブログに適した行動ターゲティング広告を導入という記事より。

インターネット広告配信事業を展開するアドワイアーズの株式を、ライブドアの100%子会社で検索連動型広告サービスを運営するジェイ・リスティングに取得させ、ブログに適したターゲティング広告の導入を進める。

ライブドアが分社後初となるM&Aを行い、行動ターゲティング広告などの広告配信システムを開発している「アドワイアーズ」を子会社化しています。

行動ターゲティング・コンテンツ連動広告 アドワイアーズ

2009-06-26_1245.png

アドワイアーズ株式会社は福島県からビジネスプランの斬新さ、技術力を認められ「福島県商工労働部産業創出グループ」、「特定非営利法人  福島県ベンチャー・SOHO・テレワーカー共働機構」の支援を受け「福島駅西口 コラッセふくしま」の「福島駅西口インキュベートルーム」にてウェブサービスの研究・開発を行っているベンチャー企業です。

行動ターゲティングだけでなく、コンテンツマッチなど複数の技術を応用しているということで、こんな運用が可能だそうです。

マッチング結果に優先順位をつけ、1番目に検索連動型広告、続いてユーザーの検索行動による行動ターゲティング広告、コンテンツ連動型広告を配信するといった運用が可能となっている。

確かに、ブログの場合はリピーターと検索エンジンからと2種類の閲覧者がいるので、単純にコンテンツマッチのみよりは、リピーターの行動に合わせた方が効果も上がるでしょう。

このあたり、ライブドアの人も「検索で流入してきた人はまだいいが、友達のブログを見ている人に、その記事に100%適合した広告をコンテンツマッチで見せたところでどうなるか。そこにカレーのことが書いてあったとしても、それを知っていてブログを見にきたわけではない」とコメントしています。

少し前に「常連は広告を見てくれない。検索でたまたまやってきたユーザの方が広告を踏んでくれる」というエントリーで「常連さんと一見さんと、まさに両輪がくるくる回るような状況を作り上げていくことが大事」と書いたのですが、そのあたりをフォローするような広告になるのでしょうね。

ライブドアのブログにかける意気込みが伝わってくるニュースでした。今後が楽しみです。