スポンサードリンク

「Google Analytics」がFlash対応

スポンサードリンク

「Google Analytics」がFlashコンテンツのアクセス解析に対応という記事より。

Google Analyticsは、サイトの人気ページやユーザーのページ遷移パターンなどを解析できるオンラインサービスだが、Flashコンテンツについては動画の視聴数や人気コンテンツなどのデータを追跡することは難しかった。今回、Google AnalyticsがFlashに対応したことにより、こうした解析が容易になるとしている。

スポンサードリンク

Flashのプログラミング言語「ActionScript 3」に「Google Analytics」のトラッキングコードを埋め込むことで、Flashコンテンツのアクセス解析が可能になるということです。

現時点でこのトラッキングコードは、JavaScriptバージョンと同じように、キャンペーン追跡、ページビュー、イベントトラッキングなどの機能を提供している。

これでFlashコンテンツに関しても、正確にユーザの反応を知れるようになる、ということですね。動画サイトなどで検証すると、面白いデータが取れたりするのでしょうか。

スポンサードリンク

前へ

「2ちゃんねる」は高齢化「ニコ動」は低年齢化

次へ

ウェブ対応ロボット「ネットタンサーウェブ」