Google、動的URLの扱いに新見解「動的URLのままで問題なし」という記事より。

簡単に説明すると、これまでの一般的な考え方は「静的URL推奨、動的URLの場合はパラメータ短めに」だったのですが、今回のGoogleの見解は「動的URLのままでOK」。クロール技術が進化してパラメータを適切に分析してインデックスすべきURL、すべきでないURLが判断できるようになったため、というのが趣旨。

これまではURLは静的なものがよくて、動的なものもテクニックを駆使して静的に見せるといった発展が遂げられてきたのですが、クロール技術の進歩により、動的URLのままで問題ない、という見解だそうです、Googleが。

これらを全て静的URLにされると、全部インデックス対象になってしまうのでしょう、Googleにとっても意味ないですし、検索ユーザーにとっても価値がない、そんな価値がないページを見せてしまうサイト運営者にとってもメリットがない、というわけです。

むしろ、なんでもかんでも静的にされてしまうことに弊害が出てきている、ということなのですね。

URLのパラメータが少し違うだけで、同じ内容のページが次々とインデックスされてしまう、と。

検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書

検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書