スポンサードリンク

Google、サードパーティ広告の表示も可能に

スポンサードリンク

Googleネットワークに、サードパーティ広告の表示が可能にという記事より。

米Googleは19日、同社が運営するGoogleコンテンツネットワーク上に、Google以外のサードパーティによる広告の表示を可能にしたと発表した。

スポンサードリンク

バナー、Flashの広告に限り、Googleコンテンツネットワーク上にサードパーティーの広告が表示できるようになったというニュースです。

Googleのポリシーに従うのはもちろんですが、AdWords以外から広告出稿が可能になるということですね。

「Googleコンテンツネットワーク上」ということなのですが、AdSenseも含まれているのでしょうか。

現在は英語圏のみですが、将来的には他の言語にも広げていく可能性があるということです。

スポンサードリンク

前へ

動画視聴の情報から回線スピードを計測する「ニコニコ渋滞情報」

次へ

「EMONSTER」を「iPhone」にする方法