2007年のネット広告費は6,003億円、前年比24.4%増で雑誌広告上回るという記事より。

電通は20日、2007年における国内の広告費を算出した。総広告費は前年比1.1%増の7兆191億円で、4年連続で前年超え。このうちインターネット広告費は24.4%増の6,003億円で、雑誌広告費の4,585億円を上回った。

2007年のネット広告費、雑誌広告を上回ったというニュースです。

が、ちょっと気をつけないといけないのは「広告費の推定範囲を改訂している」という点です。

具体的には、1)雑誌の推定対象に専門誌と地方誌などを追加、2)インターネット広告費は広告制作費も推定、3)フリーペーパー・フリーマガジンの広告料を推定――など8点を改訂した。

2006年のインターネット広告費は3,630億円ですが、広告制作費を加えると4,826億円になります。

しかし、そこからさらに1,000億円以上が増えて6,003億円になっている訳ですね。

媒体費は、検索連動型広告費が37.8%増の1,282億円、モバイル広告が59.2%増の621億円と順調に推移した。

引き続き検索連動型広告もモバイルも伸びています。

伸びているネット広告とは裏腹に、マスコミ主要4媒体(テレビ・新聞・雑誌・ラジオ)の広告費は3年連続で前年を下回っています。

テレビが1兆9,981億円(前年比0.9%減)、新聞が9,462億円(5.2%減)、雑誌が4,585億円(4.0%減)、ラジオが1,671億円(4.2%減)。

もしかすると、ネット広告が新聞広告に追いつくのも、そう遠くないのかもしれません。ラジオ広告を追い抜いたのは2004年でした。

■関連エントリー

ネット広告が雑誌広告に追いつく?
2005年の日本のインターネット総広告費は2,808億円
インターネット広告費、今後5年で3倍に
インターネットはマスメディアになるのか?