サントリー、「伊右衛門」の味をペットボトルのサイズ別に変更という記事より。

サントリーは3月中旬から、緑茶飲料「伊右衛門」の味をペットボトルのサイズ別に変える製品戦略を展開する。

ペットボトルのサイズで味を変更するというのは、新しい戦略ですね。「サイズによって購買や消費の理由と時間帯が異なる点に着目」したのだそうです。

具体的には、伊右衛門シリーズ「濃いめ」の500mlと2Lの味を変更するそうで、

500ミリリットルは渋みとさわやかな苦み、2リットルは甘みと濃さをそれぞれ強調する方針。

ということです。飲み比べたりすると、はっきりと分かるでしょうか?