Kipandi Butterfly Park 4511

マレーシア、サバ州。コタキナバルはボルネオ島にあります。ボルネオ島といえば熱帯雨林の島。オランウータンやマレー熊など、熱帯ならではの動物たちに出会えるのも魅力の一つですが、日本人親子に大人気のテーマパーク、それが「Kipandi Butterfly Park(キパンディ・バタフライ・パーク)」です。

当「Kipandi Butterfly Park(キパンディ・バタフライ・パーク)」に昆虫観察しにやってくるのは、圧倒的に日本人が多いのだそうです。そういえばキナバル山の登山口あたりではバードウォッチングしている日本人ツアーの団体も見かけましたが、日本人は観察が大好きなのかもしれませんね。

「Kipandi Butterfly Park」の場所

「Kipandi Butterfly Park」はコタキナバルからはクルマでアクセスします(約1時間くらいだったかな?)。ネットで検索するとタクシーと交渉して行った、という人もいるようですが、実は夜の散策が醍醐味のようなので、ツアー参加がベストではないでしょうか。

住所:KM36, Jalan Penampang, Tambunan, Kota Kinabalu, Sabah, Malaysia

入場料金は大人も子供も30リンギットですので日本円にして1,000円くらいです。

「Kipandi Butterfly Park」資料館と蝶の楽園

Kipandi Butterfly Park 4510

駐車場にクルマを停めたら入口があります。キナバル山を登ったばかりなので、階段が足に辛かったです。

Kipandi Butterfly Park 4512

でもジャングル的な雰囲気にテンションは上がります!

Kipandi Butterfly Park 4513

ここが受付になります。看板には「Kipandi Park」とありまして、2015年に「Kipandi Butterfly Park」から名称変更したそうのですが、未だに通称は「Kipandi Butterfly Park(キパンディ・バタフライ・パーク)」だそうです。

Kipandi Butterfly Park 4515

ここから少し歩くと、昆虫の標本が見られる資料館やバタフライガーデンがあります。

Kipandi Butterfly Park 4516

ここの昆虫標本が圧巻です。日本では見られないような昆虫の数々。虫好きの人にはたまらない空間です。

Kipandi Butterfly Park 4518

「Mantidae」はカマキリ。日本のカマキリと違う!

Kipandi Butterfly Park 4519

昆虫の進化は本当に不思議ですよね。今回は見られませんでしたが、ハナカマキリもいるそうです。見られたらラッキーだなぁ。

Kipandi Butterfly Park 4520

ナナフシも不思議。

Kipandi Butterfly Park 4521

草木に紛れるための進化だと思いますが、本当に不思議な形状。

Kipandi Butterfly Park 4522

足がたくさんあるのは、ぼくもちょっと苦手です。

Kipandi Butterfly Park 4523

日本では見られないサイズ感の昆虫も、ちょっと怖い。

Kipandi Butterfly Park 4524

蝶は美しい!

Kipandi Butterfly Park 4525

そして、いました。モスラ。与那国島で見た、世界最大級の蛾「アヤミハビル(ヨナグニサン)」の仲間がマレーシアにもいました! インドネシア産と与那国島産では、微妙に模様が違うのだそうです。

与那国島ではなかなか見られないという話だったと記憶しているのですが、コタキナバルだと普通に街中にもいるそうです。驚き‥‥。

Kipandi Butterfly Park 4527

昆虫標本だけでも見るのに時間がかかるのですが、さらに先があります。

Kipandi Butterfly Park 4528

バタフライガーデン、蝶が繁殖している庭があります!

Kipandi Butterfly Park 4529

と、その前に入口にコブラがいたんですね‥‥コブラ!

Kipandi Butterfly Park 4532

管理人のお兄さんが飼っているそうですが、図鑑で見たようなあの姿になってました。これには興奮。ジャングルの中にコブラがいるそうです。

Kipandi Butterfly Park 4533

バタフライガーデンでは、蝶がヒラヒラと舞っています。

Kipandi Butterfly Park 4535

体育館のような広さのところで、蝶は飼育されています。

Kipandi Butterfly Park 4543

蝶のイモムシもいました。

Kipandi Butterfly Park 4547

そして、ナナフシにも出会うことができたのです!

死んだふりのように動かなくなり、ピューと棒一本のようになってしまったのですが、これは小枝にしかみえません。凄い能力です。

改めて動画で見ても不思議ですねぇ。

Kipandi Butterfly Park 4553

Kipandi Butterfly Park 4554

Kipandi Butterfly Park 4555

最後にこんなものにも触らせてくれたのですが‥‥!?

Kipandi Butterfly Park 4561

ぼくは無理でした!

Kipandi Butterfly Park 4562

熊山さん、凄い!

本当の見どころは夜間観察会らしい

Kipandi Butterfly Park 4572

白い布に電球。昆虫を集める必須アイテムです。今回、ぼくらが訪れたのは午前中でしたが、「Kipandi Butterfly Park」では夜間の昆虫観察会があるそうです。夜になると、いったいどんな昆虫たちが集まってくるのでしょうか。

Kipandi Butterfly Park 4574

ちなみにここは、こんな風に山の上で開けた場所です。

Kipandi Butterfly Park 4573

案内も日本語なので、いかに日本人観光客が昆虫パークを訪れているかがよく分かります。

Kipandi Butterfly Park 4576

さらに山の中をぐるりと散策することも可能です。

Kipandi Butterfly Park 4578

普通にウツボカズラも見つかります。

Kipandi Butterfly Park 4579

中に液体があります。これで落ちてきた昆虫などを溶かすのです。

Kipandi Butterfly Park 4586

まさにこんな感じで!

植物が動物から栄養を採る‥‥自然て凄いと思いました。

Kipandi Butterfly Park 4587

散策は30分ほどで「Kipandi Butterfly Park」をグルリと巡るような感じで歩いて戻ってきます。

Kipandi Butterfly Park 4590

ほとんど下りなのですが、最後の最後に上りが待っています。キナバル山を登ったばかりなので、ちょいと辛い。残念ながら散策では昆虫を見つけることはできませんでした。

が!

Kipandi Butterfly Park 4591

受付に戻ったらガイドのお兄さんがボルネオカブトムシを見つけてきてくれました!

Kipandi Butterfly Park 4594

オジさんになっても、初見のカブトムシには興奮するんだと、妙なところで自分に感心してしまいました。

Kipandi Butterfly Park 4595

大きなツノが3本。やはり日本のカブトムシとは違いますねぇ。

Kipandi Butterfly Park 4597

じっくり見て回れば半日くらい「Kipandi Butterfly Park(キパンディ・バタフライ・パーク)」を満喫することができます。動物・昆虫の観察は、コタキナバルの魅力の一つです! 家族で行くなら、お子さんが小さいうちだとより楽しめるカモ!?

子供連れで東南アジアだと食事が心配かと思ったのですが、ホテルの食事なら日本と同じような料理が食べられますし、そこは心配する必要はないと思いました。

#マレーシア・サバ州政府観光局(Sabah Tourism Board)の招待によりコタキナバルを旅してブログでレポートします。

旅のまとめ動画

前半にキナバル山登山も出てきます!

4095mキナバル山登山から-15mダイビングまで5泊6日を6分38秒で!マレーシアサバ州コタキナバル旅 - YouTube

撮影に使用したカメラアプリは「QueuingCam(キューイングカム)」です。

関連記事

「SIM-SIM 88」マレーシアサバ州サンダカンの旨味なシーフード食べられる水上レストラン

地元ガイドによるオススメの店で美味い「ラクサ」を食べた

コタキナバルで飲んだ冷え冷えのアボカドジュースが激ウマすぎて笑った

その他のマレーシアまでのアクセス、食べ物やアクティビティに関しては記事一覧からどうぞ。