スポンサードリンク

「MEI BODY BAG」雑誌付録の41cm大きめボディバッグを試してみた

スポンサードリンク

「MEI BODY BAG」雑誌付録の41cm大きめボディバッグを試してみた

ロゴマークがかわいい「MEI」のボディバッグが雑誌の付録になっていたので試してみました。「MEI BODY BAG」として、永野芽郁を表紙にして1,490円で販売中です。

特徴としては幅が41cmと大きめであること、カラビナも付属しているので小物をぶら下げることができます。ペットボトル、折り畳み傘、折りたたんだウインドブレーカーくらいが入ります!

スポンサードリンク

「MEI BODY BAG」を1,490円で

実は「MEI」というアウトドアブランドは初めて知ったのですが、ロゴがかわいいなぁ、と思いまして。

「MEI BODY BAG」雑誌付録の41cm大きめボディバッグを試してみた

「MEI」が永野芽郁(めい)をモデルに使っているのも良いです!

「MEI BODY BAG」雑誌付録の41cm大きめボディバッグを試してみた

「MEI BODY BAG」は書店でも売っているでしょうし、ヴィレッジヴァンガードでも売っているのを見かけましたよ。

「MEI BODY BAG」雑誌付録の41cm大きめボディバッグを試してみた

横幅約41cm、高さ約17cmと、この手の雑誌付録のショルダーバッグ、ボディバッグとしては、いつになく大きめです。

「MEI BODY BAG」雑誌付録の41cm大きめボディバッグを試してみた

・内ポケット
・大容量
・ダブルファスナー
・カラビナ付き

価格は1,490円。

中箱を取り出したところ。

「MEI」のブランドブックが入っています。

むしろショルダーバッグが付録で、こちらが書籍としては本体です。書店で販売するためのアイデアですね。

女性が持つと大きくてかわいいですし、男性が持つとスッキリとしたサイズ感になります。絶妙ですね。

箱の中にこぢんまりと入っています。

取り出した感じでは、そこまで大きくは見えないのですが、しっかりと広げるとサイズ感が増します。

ロゴドン!

オリジナルのカラビナ。カリフォルニアのブランドなんですね!

仕切りのある内ポケットがあります。

かわいいダブルファスナー。

しっかり広げると41cmを体感できるサイズ!

雑誌付録「MEI BODY BAG」の感想

雑誌の付録ですが、そこまで安っぽくはないかな、という印象です。

500mlのペットボトルが入るだけでなく、折りたたんだ状態のユニクロのウインドブレーカー、そしてセブンイレブンの折り畳み傘も余裕で入りました。これはけっこう収納力がありますよ。

折りたたんで小さくすることができるので、旅行の際にスーツケースの中に忍ばせておいても良いですし、機内用の荷物を入れておくのにも良いかも。

なんせ1,490円ですから、用途に合わせて複数を用意しておく‥‥なんていう使い方もできてしまうかもしれません。

関連記事

【ユニクロ】ショルダーバッグ・ボディバッグにもなる1,990円のウエストバッグが旅行に最高だった!【感想】

「コールマン ブランドブック」雑誌付録のメッシュポケットショルダーバッグを買ってみた

XLARGE特製の万能10徳マルチツールが付録の雑誌780円を購入

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

ネタリスト(2018/12/25 10:00)PayPay狂騒曲とインバウンド。スポーツ界にも電子決済の波を!

次へ

【Kindleセール】6,000冊以上が対象!50%ポイント還元「小学館 年末年始セール」開催中 〜「電光超人グリッドマン超全集」など(1/6まで)